可愛いネコ

犬にも発症する腰痛

人間は重いものをもつ仕事や、同じ姿勢を保つことで腰に大きな負担がかかります。負担が溜まりすぎると腰痛を引き起こしてしまいます。
腰痛が発症してしまうと、立つことが出来なくなることや、ちょっとした日常生活をおくる際にも腰に痛みが発症します。
そのため、腰に負担のかからないように仕事や作業を行うことが大切なのです。
腰に違和感がある時には、早めに病院や整骨院に脚を運ぶことが適しています。
早めに治療することで、早期改善や痛みを和らげる事が出来るのです。
腰痛には様々な病名があります。その中でも有名な病名は椎間板ヘルニアです。

腰痛は人間だけではありません。犬も腰痛を発症してしまうことがあるのです。
特にミニチュア・ダックスフンドやペキニーズ、ビーグルやプードル等は犬種の中でも腰痛のかかりやすい特徴があります。
これらの犬種は、軟骨異栄養症性犬種と呼ばれています。比較的に若い時に発症することが多い傾向にあります。

腰痛の発症しやすい犬種を勝っている人は、予防方法を調べることが大切です。
犬の激しい運動を控えさせることや、犬の食事に気を配らなければなりません。肥満は人間と同じように犬にも害があります。
太っている犬は、自身の体重を支えるために腰に大きな負担がかかります。
そのため犬も人間と同様に食事管理をしっかりとしなければならないのです。犬に餌を与えるときに、量をしっかりと測り、少なすぎず多すぎない量を犬に与えることが適しています。

発症する原因について

犬が椎間板ヘルニアを発症してしまうことには原因があります。犬も人間と同じように激しい運動や骨の老化により発症してしまうのです。そのため犬に激しい運動を行わせないようにする必要があります。

初期段階での治療

椎間板ヘルニアを発症した犬は症状の重さにより、治療方法が異なります。比較的に症状が軽い場合には、内科的治療を行うことで犬に発症している症状を無くすことが出来ます。

重い症状での治療とは

椎間板ヘルニアの症状が重い犬は、内科的治療を行うだけでは、症状を無くすことが出来ません。その際には外科的治療を行うことが適しています。犬の外科治療を行っている病院を利用しましょう。